開催にあたって
 「自然との対話」写真展は、1982年(昭和57年)に始まり、これまでに世界各地を巡回し、1,000会場を超える開催となりました。幸いにして、各地とも大変なご好評をいただき、600万人以上の方々に鑑賞していただきました。
 池田大作氏は、創価学会の名誉会長であるとともに、創価学会インタナショナル(SGI)会長であります。これまでに50を超える国と地域を訪問し、世界の識者と、平和・文化・教育・環境・人権などをテーマに対話を重ねております。
 今回の写真は、こうした語らいの日々の中で、池田氏が出会い、心に残った風景を撮影したものです。
 風景との出会い――それは、“瞬間”の出来事です。しかし、その中には、生命の営みという“永遠”の時もまた、刻みこまれているにちがいありません。
 この「自然との対話」写真展が、自然と人間との“共生”を探究する場として多くの方々に愛され、さらに、写真文化の広がりに貢献することができれば、これにまさる喜びはありません。

Copyright © 1998-2006 Soka Gakkai (JAPAN) All Rights Reserved.